第50回特別企画展 松永安左エ門 生誕の地・壱岐 耳庵展
zuroku-019

松永安左ェ門は、近代日本の電力や産業経済の礎を築いた壱岐を代表する偉人です。一方で茶の湯に目覚め、「耳庵(じあん)」という号で瞬く間に高名な茶人となりました。精力的に蒐集した300点を越える美術品は、福岡市美術館に寄贈さ […]

第48回特別企画展 やきものの美展 ひらどやき
zuroku-016

平戸藩の陶磁器生産は、江戸時代のはじめ頃、文禄・慶長の戦役の折、壱岐を経由し平戸の地を踏んだ陶工たちの手によって、始まったと伝わります。白くきめ細かな肌と姿形、絵付の上品さ、独創性。近世の平戸焼を中心にその歴史と「美」を […]

第41回特別企画展 壱岐のほとけさまー金銅仏編ー
zuroku-015

大陸と日本本土をつなぐ中継基地の壱岐。そこには古代の朝鮮半島や中国から伝わった仏像が残る。壱岐に僅かに残る金銅仏を一堂に展示。 主な展示品:如来立像、菩薩立像、釈迦誕生仏立像、懸仏 ・壱岐の交易史と金銅仏 ・『壱岐名勝図 […]

第32回特別企画展 追悼展 長岡秀星
zuroku-013

2015年、78歳で他界した壱岐ゆかりのイラストレーター長岡秀星の作品原画を紹介します。Earth,Wind&Fireのレコードジャケットデザインをはじめ、アメリカ航空宇宙局など世界が認めた実力をご覧ください。 項:54 […]

第30回特別企画展 イキものがたり
zuroku-012

壱岐島にはどんないきものが生息しているのか。生きものたちの生態系を科学的に、かつ歴史的に多面からみていきましょう。 項:40項 サイズ:170mm×210mm

第29回特別企画展 平戸松浦家と対馬宗家の家宝展
zuroku-011

壱岐島は「文禄慶長の役」における豊臣秀吉の御座所としての勝本城の存在、江戸時代の朝鮮通信使迎接の地など、重要な役割を果たしてきました。平戸松浦家と対馬宗家の両藩主の家宝を紹介しながら、壱岐の中近世の歴史をひも解きます。 […]